春だからこそ本物を~革のバッグのお話~

みなさま

こんにちは。

今日はおしゃれのヒントを少々。

まだまだ寒い日がつづいていますが

お日様が強く深く差し込んでくるようになりましたね。

春が近いな、新しい季節が来るな、と感じて

なんだかわくわくします。

番頭は毎年この時期になるとどんなに寒くてもこの調子。

朝夕寒さに震えてもハッピーのスイッチが自然とにONになります。

その原動力になるのは…おしゃれ。

この冬、ふわふわ&モコモコのダウンや暖かいブーツに

いっぱい助けてもらっていますが、

日差しを感じると季節を感じて、身軽になりたい気持ちがグンと

アップ。春を先取りしたい!モード全開になります。

とはいえ、いきなりブルブルと震える格好は体に悪いし、

人様にも悪い(この人寒そう!と思わせるのは悪い、という意味)

ので、色を淡いトーンにしたり、ストールなどの小物で

工夫しながら、ちょっとずつ脱ふわ&モコで軽い春物へと

ちょっとずつシフト。これが楽しい!

ブーツをやめて、足の甲が見えるパンプスにすると

新鮮な印象になります。

そして!

冬仕様から春仕様になる時、ひと役買ってくれるのがバッグです。

それもやっぱりリアルレザーがいい。

白いデニムやミルクティー色の春の一着を纏いたくなったら、

ビタチョコブラウンのバッグを合わせてみませんか?

ございます。おすすめの逸品。

しかも職人の手づくりでたったひとつだけです。

革職人・魁堂(かいどう)の袋物 【壱】

覗いてみてください。

2月吉日

番頭