革職人・魁堂のこだわり。

こんにちは。

今日は商品について、ちょっといいお話をひとつ。

阿波屋徳兵衛でお売りしているレザーバッグ3品はすべて、

革職人・魁堂の “手づくり” です。

手づくり。

ひとことで言いますが、みなさまはそのプロセスを

想像したことがありますか?

コンセプト立案から完成に至るまで、

ひとつの商品が生まれるまでにはたくさんの細かな工程があります。

何気なく手に取ったそのひと品はさまざまな創意工夫の賜物。

それぞれのプロセスにおいて、それそれのプロが手を尽くしていて、

想像以上に多くの人が関わっているものです。

ところが、魁堂のレザーバッグはその真逆。

関わるのは最初から最後まで魁堂ただ一人です。

というのも

「デザインにばかりこだわって華奢で短命なのはダメ」

「機能にばかりこだわってごついのもダメ」

そんなこだわりがあるから。

革職人になったのも、デザイン画を職人にポンと手渡すデザイナーに疑問を感じて、

「ゼロから自分で作りたい」と心底思ったからだといいます。

非の打ちどころのないデザインがあって、その通りにつくっても

結果がついてくるとは限りません。

机上の理論と実践とではやはり開きがあるものですが、

魁堂はそれを潔しとしません。

手に取る時、肩にかける時、その一瞬一瞬の心地よさ、

そして、美しさを見事に両立させます。

一切妥協しません。

腕のある職人だからこそ持てるこだわりと言えるでしょう。

これぞ “本物の手づくり”。

これぞ “本物のラグジュアリー”。

自信を持っておすすめします。

http://awayatokubee.jp/kbg1/

写真は魁堂本人。シャイな江戸っ子です。

お見知りおきのほどを~

☆☆☆FACEBOOKはじめました!

https://www.facebook.com/目利きのショッピングサイト-阿波屋徳兵衛-686693928136047/